セミナー情報Seminar

2021年02月02日失敗しないノンメタルクラスプデンチャー 応用編(無料動画)

 

皆様こんにちは。

この度、2月1日より、三和デンタルは

動画配信サービス(有料含む)をスタート致しました。

今回は「失敗しないノンメタルクラスプデンチャー(応用編)」についてご紹介いたします。

 

 

講座詳細

 

皆様、日ごろの診療、義歯製作の中で

以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか…?

・多数歯欠損の場合の最善の設計がわからない…

・アンダーカットのない症例、禁忌症例などがわからない…

・ノンメタルクラスプデンチャーの調整の方法がわからない…

 

そこで当講座では、「医院様が患者様に安心して技工物を提供できる」をテーマに

樹脂のみ、金属床併用義歯の使い分けや義歯の6つの動きに備えた設計原則、

症例選択やコミュニケーション方法などご紹介いたします。

 

動画詳細

表題

失敗しないノンメタルクラスプデンチャー(応用編)

 

講師

阿部裕也

三和デンタル カスタマーサポート 技工士

 

内容

設計原則

ノンメタルクラスプデンチャーにつきまして

樹脂のみで構成されているタイプ、金属床併用タイプがございますがそれぞれの適応症例は何でしょうか?

また、ノンメタルクラスプデンチャーという名がつく中で

金属床併用タイプを推奨する理由として「○○」です。この○○とは?

 

また、パーシャルデンチャーの設計原則につきまして

義歯が入った際の咬合力、それによる齣歯への負担の仕組みから

支持機能、把持機能、維持機能 それぞれへの配慮が必要です。

では具体的にどのような配慮が必要なのでしょうか?

義歯の6つの動き(3つの移動、3つの回転)に基づき、解説しております。

 

症例選択

ノンメタルクラスプデンチャーは大きく分けて少数歯欠損、多数歯欠損と分類ができます。

またそれぞれの場合でも中間歯欠損、遊離端欠損により配慮する点も異なってまいります。

その中でクオリティの高い義歯をお届けするために、まず症例を○○○ことが重要です。

(アンダーカットがないものは○○を工夫、など)

またノンメタルクラスプデンチャーの禁忌症例はあるのでしょうか?あるとすればどういった症例なのでしょうか?

最後にノンメタルクラスプデンチャーの調整方法につきましてもご案内しております。

 

コミュニケーション

1人の患者様に対し当社技工士等含め二人三脚、三人四脚での歯科治療が必要となってきます。それを達成するために大切な日々の「コミュニケーション」。    そこで弊社技工所が医院様のためお役に立てることは何か?

今回の3つの柱である設計原則、症例選択、コミュニケーションの分野それぞれに関しましてご提案させていただきます。

 

視聴料

無料

 

視聴時間

約30分

 

注意事項

◆ご視聴される環境により通信料がかかる場合がございます。Wi-Fi下でのご視聴を推奨します。
◆本サービスおよび本サービスに関連する一切の情報についての著作権およびその他知的財産権はすべて当社または当社にその利用を許諾した権利者に帰属します。当社の承諾なく、複製、譲渡、貸与、翻訳、改変、転載、公衆送信(送信可能化を含みます)、伝送、配布、出版、営業使用等をしてはならないものとします。

 

動画関連URL

【関連動画】

田中陽一先生  口腔がん 早期発見のすすめ(視診・触診編)

視聴料金 1回線につき6,000円

https://sanwa-dental.jp/ondemand/1511/

 

失敗しないノンメタルクラスプデンチャー(基礎編)(無料動画)

https://sanwa-dental.jp/ondemand/1523/

 

鋳造欠陥ナシ! 3Dレーザーチタン床の紹介(無料動画)

https://sanwa-dental.jp/ondemand/1803/

 

【資料請求】

資料請求はこちら