+SMILEPlus smile

2020年10月16日入れ歯用洗浄剤の選び方

スマイルデンチャーという金属のバネのない入れ歯の製作を得意とする三和デンタルでは、日々実際に入れ歯を使用した患者様から問い合わせを頂いています。

そこで特に多いのは”自分の義歯に何の洗浄剤を使用したらよいかわからないから教えてほしい”という内容です。

多くの患者様は入れ歯を作成した際に歯科医から専用の洗浄剤を使用するように説明を受けます。しかし、一部の患者さんは全く説明を受けていなかったり、説明を受けても”市販の洗浄剤のほうが安い”などの理由から、専用の洗浄剤を使用していないケースがあります。

それにより、義歯が変色してしまったり、汚れが落ちなくてお問い合わせを受けることも多々あります。

たしかに、市販の義歯用洗浄剤は安価で入手が簡単です。ところが、一部の義歯には使用できないものがあるので注意が必要です。

例えば、チタン製品はアルカリ性の洗浄剤を使用すると黒ずんでしまうことがあります。これは、金属の特性でチタンは急激にアルカリ性の物質に触れると表面に不動態皮膜を作ってしまい、黒ずんで見えるためです。

よって、弱酸性や中性の洗浄剤を使用しなくてはなりません。ほかにも、シリコンを義歯に使用している場合には、中性の洗剤が有効です。このように、義歯の材料に応じて患者は使用する洗浄剤を使い分けなければなりません。

また、液性が適していても、漂白剤の成分を含んでいる洗浄剤を使用すると、義歯が白濁してしまうことがあります。ところが漂白成分を含んでいるかどうかは、各メーカーで確認しなければ正確には分かりません。よって、患者さんが義歯の洗浄剤を選ぶのは実は非常に困難です。

そこで、三和デンタルではどんな義歯の方でも安心してお使いいただける洗浄剤をご用意しております。それがスマイルクリーナータブレットです。

スマイルクリーナータブレットという商品は、三和デンタルが独自で開発した洗浄剤です。国内に流通している様々な義歯を確認し、白濁しない・変色しない事が確認済みなので、万能に使用できます。

ですので、患者さんは安心してお使いいただけますし、先生方は院内で販売している義歯用洗浄剤をこれ一つにまとめることが出来ます。もし、義歯の洗浄剤に悩んだら、慌てて適切か分からない洗浄剤を選ばず、ぜひ安心・安全・便利なスマイルクリーナータブレットをお使いいただきたいと思います。